Automation Anywhere Community Edition インストールとサンプル

Automation Anywhere (以下AA)の
Community Edition がリリースされました。
さわってみたくて仕方がなかったのでさわってみました。
この記事は、テンションがあがった記念の記事です。

インストール

① 申し込み

https://www.automationanywhere.com/lp/community-edition
こちらのURLから規約を確認し、申し込みを行いました。
(2019/03/19 時点)

② Control Room にログイン

メールが届くので、メールの情報通りに Control Room にログインします。

③ クライアントをダウンロード

この画面からクライアントをダウンロードします。

④ 解凍してインストール

⑤ クライアントを起動→ログイン

ログイン画面が表示されます。

ここでも申し込み時のメール記載の3点を入力します。
・Control Room URL
・Username
・Password

ちなみに私はここでControl Room にいれる内容が分からず5分ほど悩みました笑。

⑥ 起動できました

UIかっこいいです。😍

サンプルをさわってみる

とりあえずさわってみよう、ということで先ずサンプルファイルをみてみることにしました。下図の黄色の枠からひらけます。

サンプルは複数用意されていますが、私は「Loops.atmx」と書かれているものを選んでみました。ダブルクリックしてみます。

すると、メモ帳が開かれ実際に動いてる姿が確認できました。
↑動画をTwitterにあげてみました。

その他のツールでもそうですが、ロボットが起動され実際に動いているところは私含め皆さん見るとテンションがあがる、キャッチーな部分でもあります。
アプリを起動してからサンプルファイルを起動するまでのステップの少なさ、いきなり動いている部分が確認できること、素晴らしいUXだと思いました。動画だと画質も悪いですし実際動かしてみるところ、是非体験してほしいです。

まだ部分的にしかサンプルも見れていませんが、各サンプルを参考に次は自分で作成してみたいと思います。というわけで今回は以上です。AAかっこいいです!